体験入学アクセスマップサイトマップパンフレット(PDF)証明書交付について同窓会

学校法人 柳川高等学校 学校法人 柳商学園 柳川高等学校 foreign student

柳川高等学校について ご挨拶 制服 施設 沿革 校歌 スクールコミック アクセス
TOPページ柳川高等学校についてご挨拶・教育方針
柳川高等学校について
資料請求
カジュアルパンフレット
ご挨拶
理事長・校長 古賀 賢

ごあいさつ

人は無限の力をもって、この世に生まれ、
無限の可能性をもって、この世に存在しています。

自分の限界は誰が決めているんですか?
自分ではありませんか?

自分ができるか?できないか?
自分で自分のサイズをつくっていませんか?

柳川高校は、全教職員一丸となって、みんなの無限の可能性を引き出します!
柳川高校は、全教職員一丸となって、「」の精神で教育活動を邁進します。

さあ、飛び出そう!可能性の広がる未来へ!!

これからはアジアの時代です。日本がどうアジアと向き合い、どう「身体話(対話)」ができるのかが大切になります。
この度開校した附属タイ中学校の設立の目的は「お互いの国に対する思いやりの心」の育成です。グローバル教育を通して異文化に対する「柔らかい心」を育てていきます。
いよいよ2年後には日本語をベースに教育を受けた学生が、各科、コースに入学してきます。この「アジアとともに」の第一歩となる附属タイ中学校を、地域の皆さんと共に育てていけたら幸いです。

卵の中のひながかえろうとする時、ひなが内側からつつくのを
親鳥が外からすすくことをといいます。
このが一致してひなが生まれる得がたい好機をといいます。



柳川高等学校では、の言葉を、生徒(ひな)の意欲に教師(親鳥)が耳を傾け、
すばやく応じると解釈し、生徒の夢実現のために、決め細やかな指導に取り組んでいます。

柳川高等学校の初代古賀肇理事長が本校の教育方針の一つとして揚げた、
の言葉は、グランドの野球スコアボードに刻まれており、
75年の歴史の中で、今も脈々と受け継がれています。


副校長森繁光先生        

生徒たちの今と未来のために、教職員が変わる。

柳川高校は、2009年より「学校を改革する」ために、「コミュニケーション力向上」「教科指導と授業準備」「多様化した生徒へのサポート力育成」「柳川高校の未来像」などの研修を通して、教師の意識改革に取り組んできました。この取り組みにより、先生たちの生徒への指導力が大きく向上しています。また、年間400人以上の教師の授業評価をされている外部講師の方をお招きし、「授業観察」をしています。これを継続することにより、先生たちの授業力向上に繋げています。

そして、今、若い先生が増え、若さ満ち溢れた明るい雰囲気の学校になってきました。この先生たちが、ベテランの先生方の指導の下、研修会を開き、各自が自己研鑽することにより、生徒たちへの授業力、指導力向上に繋がっています。まさに、「学校改革」を実践している学校です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
教育方針
柳川高等学校の生徒は、建学の精神の下、次の項目を高校生活の目標として掲げ、それぞれの夢実現に向け努力する。
・基本的生活習慣の確立
・ルールを守ることができる
・挨拶・言葉づかい・礼儀を身につける
・向上心を持って努力する
・思いやりの心を持つ
建学の精神
「より良き日本国民の育成」を基本原理とし、特に次の三項の徹底を期する。
一、正義と平和を愛し、自己の行動に責任を持つ誠意と道義心の高い人格を育成する。
一、学業に励み、規律と礼儀を重んじ、健康で実践力に富む人格を育成する。
一、スポーツを通じ、高いスポーツマンシップを体得させ、知徳体一如の人格を育成する。