| Tennis club テニス部

一点突破の全面展開

「一つのことに打ち込み、集中してやれば、全てのことにおいても自ずと道が拓ける」
柳川高校では、建学の精神「知育・徳育・体育」の下、「人間教育」を目指し実践。
さらに、本校テニス部では、テニスというスポーツを通して、「チャレンジ精神」「創造性」、そして何より「各人の自立」を図っていきたいと考えています。
現在、クラブテニスが主流の中、柳川高校テニス部は、学校部活動として「学校テニス」という体系を貫き通し、選手育成に励んでいます。 テニス部 テニス部 テニス部 テニス部

男 子

部 長高嶋 康博
監 督本田 健児
コーチ本村 剛一(外部)
サポート龍 紀子
サポート赤塚 国彦

実 績

夏の全国高校総体(インターハイ)は、昭和42年に団体初優勝して以来、昭和55年まで14年連続制覇の偉業を成し遂げている。現在までに、優勝27回・準優勝12回・3位4回。
春の高校選抜高校テニス大会も、これまで37回の大会において、決勝進出29回の内、優勝18回準優勝11回・3位5回の戦績。
また、日・中・韓 交流競技会にも毎年選ばれ、海外での試合経験を積んでいます。

女 子

部 長高嶋 康博
監 督園田 雅之
コーチ本村 剛一(外部)
サポート龍 紀子
サポート江崎 公徳

実 績

創部以来、全校大会への連続出場を果たしている。 夏の全国高校総体(インターハイ)は、団体戦で準優勝2回・3位4回に輝き、昭和50年には渡辺芳絵選手が個人戦で念願の初優勝達成。
国民体育大会でも、優勝1回・準優勝3回・3位5回の成績。
春の全国高校選抜大会では、優勝1回・準優勝1回・3位4回を上げるなど、上位進出が著しく、平成13年には史上初の男女団体アベック優勝の快挙を成し遂げました。

Tennis club〇Club Activites

Welcom to YNGW