| Smart Education スマート学園構想 Image photo

加速する、
スマート
学園構想。

加速化が進むデジタル社会を生き抜くために
世界最先端のICTツールを使って自ら考え、発信するスキルを身につけよう!

進化する
デジタルテクノロジー

柳川高校では、セキュリティー強化と安定したネット配信の環境を構築するため、校舎内のWi-Fi設備を新調しました。また、電子黒板や1人1台のデジタル端末の整備、電子教材の導入、教務や入試システムのデジタル化など、時代に即応した教育イノベーションを起こさせるエデュケーショナル・テクノロジー(EdTech)戦略を進めています。

クリエイティブな「未来教育の場」

.X から世界へ!

.X(ポイントエックス)とは、これまでの教育の形や固定概念にとらわれず、生徒の無限の可能性を引き出す授業やコンテンツを展開するクリエイティブな「未来教育の場」です。海外の生徒との交流の場や各業界のプロフェショナルを招いたセミナーなど、教室の使用方法も含めて生徒、先生も一緒に新しい取り組みを進行しています。

90周年へ、柳川高校の展望。

バーチャルスクールに着手

新しい挑戦、仮想空間の体験
柳川高校では創立80周年を機に、場所や時間、費用の制限から解き放たれた新たな仮想空間「バーチャルスクール」に着手します。ますます拡がる「グローバル学園構想」と、進化し続ける「スマート学園構想」のその先にある世界を見据えての挑戦です。5Gから6Gへと加速するテクノロジーを駆使し、ボーダレス、シームレス、タイムレスなグローバルコミュニケーションを可能にするスクールをバーチャル空間に創設。SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標達成に向けて、人類が生き延びていくための具体的な行動を、全世界の高校生と共にお越していくことを目標としています。

Image photo

脳科学の世界へ
スマートブレイン・
プログラム

東京大学との連携
柳川高校では東京大学と連携し、2021年度より総合探求の時間に脳科学を取り入れたカリキュラムを実施しています。潜在能力を調べることで生徒一人ひとりの特性を把握し、教育に活かす脳科学との新たな取り組みです。今後は、より精度の高い教育プログラムを開発することも検討中。脳科学でみなさんの可能性にアプローチします。

日本の教育を変える挑戦
世界で活躍するためには、多言語習得が不可欠です。スマート学園構想の一環として行われている「スマートブレイン(脳科学)・プログラム」において、東京大学の酒井邦嘉教授は「脳があれば誰でもが多言語を習得できる」と講演されています。脳を知って学習効率を高めることで、多言語習得に、そして自分の可能性にチャレンジすることができます。

Welcom to YNGW