| Certification 資格取得

進学・就職に有利な資格の取得が可能。

充実した施設やスペシャリストの指導でしっかりとサポートします。

全 科●全ての科で取得可能な資格検定です。

  • MOS(Microsoft Office Specialist)
    MOSとは、進学先の大学や短大、就職した会社でこれから必ず必要となるWordやExcelのスキルを証明する資格です。進学や就職にとても有利な資格だけでなく、資格取得のため学ぶことでもパソコン操作のスキルをアップさせ、将来いろんな場面で役立ちます。柳川高校は、福岡県内高校では唯一MOS試験の会場として認定。
    合格者数14年連続日本一を達成しています。

    MOS試験合格者数 14年連続日本一達成表彰 Microsoft Office Specialist

  • 試験科目バージョン合格者数
    (H30年度)
    Word
    ワード
    (文書作成ソフト)
    Word 201647名
    Word 2016 Expert(上級)80名
    Excel
    エクセル
    (表計算ソフト)
    Excel 201691名
    Excel 2016 Expert(上級)20名
    PowerPoint
    パワーポイント
    (プレゼンテーションソフト)
    PowerPoint 2010112名
    PowerPoint 201699名
    Access
    アクセス
    (データベース管理ソフト)
    Access 201636名
    Microsoft Office
    Specialist Master
    ExcelとWordのExpert、PowerPoint、Access
    またはOutlookに合格すると
    Microsoft Office Specialist Masterの
    称号が与えられます。
    36名

    授業風景授業風景授業風景

  • 実用英語技能検定(STEP)
    「公益財団法人日本英語検定協会」の英語検定、大学入試でも優遇されます。準2級・2級が大学入試レベル。出題形式は筆記、リスニング、面接など。
  • 全商英語検定
    「公益財団法人全国商業高等学校協会」の英語検定。2級以上は高等学校卒業程度認定試験の英語が科目免除。出題形式は筆記(マークシート)とリスニング。
  • 日本漢字能力検定
    「公益財団法人日本漢字能力検定協会」による漢字能力検定。就職や受験でも評価される検定です。2級が高校卒業・大学・一般程度。出題形式は筆記やマークシート。
  • GTEC
    「ベネッセコーポレーション」が実施する英語検定。大学入試でも活用できる、英語で「聞く」「話す」「読む」「書く」4つの技能検定。4つのレベルがあり、Advancedは高1〜高3、CBTは高2後半〜高3レベルです。

商業科●商業科では、ビジネスに役立つ資格も取得が可能です。

  • 情報処理検定
    まず情報処理検定の入門級の3級があり、情報を処理するうえで必要な知識を広く学ぶことを目標とし、情報処理に関する基礎的な知識の習得を目的としています。さらに難易度の高い「ビジネス情報部門」と「プログラミング部門」があります。試験は筆記試験と実技試験があり、コンピュータに関する知識、ビジネスソフトの活用、プログラミングなどに関する技能の検定となります。
  • 簿記実務検定
    簿記を学習することによって、企業の経理事務に必要な知識や技術が身につくだけでなく、企業の経営状態などを理解・分析することが可能になり、経営管理能力が身につきます。経理事務を担当する人にとって、必要不可欠な資格。 大学や短大へ入学した後の学習でも有利で、さらに税理士や公認会計士としての道も。将来への選択の幅が大きく広がります。 検定試験は1級(会計・原価計算)・2級・3級の4種類。
  • ビジネス文書実務検定
    ビジネスにおいて必要なパソコンの基礎的な知識、ビジネス文書における知識、漢字・語句などの知識を身につけることができる総合的なビジネス検定。 検定はビジネス文書部門(筆記・実技)と速度部門(実技)。
  • 珠算・電卓実務検定
    ソロバンや電卓を使って、ビジネスなどで必要な計算能力を判定するのが珠算・電卓検定試験。 計算能力を問う「普通計算部門」とビジネスに必要な計算の知識を問う「ビジネス計算部門」2つの部門があります。 どれだけ素早く様々な実務がこなせるかが重要となります。
  • ビジネス実務マナー検定
    ビジネス実務マナー検定とは、ビジネスの現場で必要とされるマナーや社会人としての常識を測る検定試験です。
  • 商業経済検定

    検定内容は5科目

    • ・商業の基本を身につける「ビジネス基礎」
    • ・商品やサービスについて学ぶ「マーケティング」
    • ・法律の基礎知識を学ぶ「経済活動と法」
    • ・経済の基礎的な仕組みを身につける「ビジネス経済A」
    • ・産業構造の変化と経済の国際化について考える「ビジネス経済B」
      よりビジネス専門性のある検定で、将来会社経営などに興味がある人は取得する価値のある検定です。
  • 授業風景授業風景授業風景

Welcom to YNGW